アトピー性皮膚炎の改善にも水素水がおすすめ

 

近年は水素水が肌の老化を防ぐ美容効果や、癌や認知症などの病気を予防する効果などが注目されていますが、アトピー性皮膚炎の改善にも水素水がおすすめです。

最初にマウスを使った実験で水素水が皮膚炎の改善効果があることが分かり、人間についても実際に症状が改善されることが明らかになっています。アトピー性皮膚炎の原因は免疫が過剰に反応することです。

本来、人間の皮膚は細菌やその他の異物から体を守る働きをしています。ところが何らかの原因で皮膚の防御効果が失われると体の免疫機構は異物から体を防御するために反応し、炎症を起こします。

炎症とは免疫が細菌などの異物を攻撃する反応ですが、体の細胞も破壊してしまいます。免疫細胞が異物と戦う際に使う武器は活性酸素ですが、異物だけでなく体の細胞も一緒に破壊する事があります。すると周囲の皮膚細胞も免疫細胞によって破壊されてしまい、異物に対する防御力が失われてしまうことで更なる炎症を引き起こします。

このように免疫細胞による過剰な反応が皮膚の炎症を引き起こすのです。アトピー性皮膚炎の治療には炎症を抑えるためにステロイド剤・抗アレルギー薬・抗ヒスタミン薬・免疫抑制薬などが使用されています。

これらの薬剤には即効性が高いという利点がありますが、長期間にわたり使用を続けると薬が効きにくくなったり、強い眠気・白内障・緑内障・骨粗鬆症・低身長などの副作用が生じる恐れがあります。そのため根本的な治療方法がありませんでした。ある種のアトピー性皮膚炎については食物アレルギーやハウスダスト、動物の毛やダニなどが炎症の原因となることが知られており、それらのアレルギーを起こす原因物質を取り除くことで改善効果が見られる場合があります。

それでもアレルギー物質を取り除いても皮膚が乾燥して炎症が起こる場合があるのです。近年、皮膚の防御機能が損なわれて表面が乾燥してしまう原因として、活性酸素が影響していることが分かってきました。体の中に溜まった活性酸素が皮膚の細胞に傷をつけることで外部の異物に対する防御機能が損なわれ、炎症が起こると考えられています。

体の中に溜まった活性酸素を除去するために水素水を飲んだり洗顔や入浴で水素を直接肌に吸収させることで活性酸素が除去され、皮膚が持っている防御機能を回復させることができると考えられています。水素によって活性酸素を除去して皮膚の細胞を守る作用はステロイド剤や免疫抑制剤などの対処療法とは異なり、根本的に病気の原因そのものを取り除く治療法なのです。水素水の利点は長期間摂取し続けても副作用が全く出ないことと、いつも通りに水を飲んだり洗顔や入浴をするだけなので治療の際の負担が全くないことです。

ただし水素水はステロイド剤のように即効性がなく、長期間にわたり摂取し続けないと効果が現れません。さらに免疫力を回復させるために、生活習慣を改善の必要がある場合があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。