人間が一番に老化が始まりシワができる場所は手

 

人間が一番に老化が始まりシワができる場所は、顔と思われがちですが実は「手」なんです。

手は顔ほど気にならないし、ケアを見逃し過ぎる点にもあります。現に私も顔が一番ケアをしたい場所で手は後回しになっています。あまりガサガサで爪の回りの皮や甘皮などもささくれがちになっています。やはり乾燥からきてるのだと考えます。

乾燥するから皮をめくってしまったりして乾燥の皮を余計に悪化させてしまったりします。では、顔より手にシワがでやすいのかといいますと、手の皮膚は真皮層が顔や首よりも薄いため乾燥やシワが出やすいと思われます。

いちばんの原因は紫外線なんだと言われています。肌は紫外線A波によって手のハリが失われます。コラーゲン・エラスチンを壊していしますので注意した方が良いです。25歳を境にコラーゲンが減少するとのと、紫外線によりコラーゲンが破壊されるのとで2つの原因が襲ってきます。

外的な要因と内的な要因の外と中からの対策が必要になってくるのです。まず、紫外線対策と言えば顔にもUVケアのクリームを塗るように一緒に手にも塗ってあげましょう。車を運転するような方はクリームに手袋をはめて運転することでWの効果生まれます。

台所の炊事でも水で手を濡らしますが、これもササっと手を拭いて終了ではなく、しっかり丁寧に優しく拭いてあげることで手への刺激や乾燥を抑えることができます。あまりゴシゴシするとシミの原因にもなりますので、あくまで優しくしっかり拭いてください。

水分が手に残っていると、その水分と一緒に手本来の潤いまで蒸発させてしまうのでここも注意です。水分が蒸発した時、角質層はくぼみ、皮膚がへこんでしむのです。これがシワの始まりなのです。季節で対策も少々変わりますが、冬になると冷たい水は使わず、お湯の使用が増えます。

そうすると熱いお湯で、手の皮脂が奪われまたもや乾燥ということになります。熱いお湯よりぬるめのお湯がまだ大丈夫です。しかし、お湯はお湯なるべくゴム手袋をして炊事をしてください。

そしてケアですが、いきなりクリームを塗ると保湿には対応しますが、乾燥している手には不向きです。乾燥の強い方には、まず化粧水を浸透させてから保湿クリームを塗るとケアとしては一番良いと考えられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。